サイトマップ

キャッシングの返済に関する基本的な事項

キャッシングを利用するときには、事前に返済に関する知識を持っておく必要があります。借りたお金は返すのが常識ですので、この問題を無視して借入を考えることはできないでしょう。

返済をする時には、貸付料として元金に利息を付けて返しなくてはなりません。利息は金利で割り出されることになっており、この金利を年間の利率に変換した数字が年利率です。

年利率は利息制限法にて上限の利率が決まっており、この制限を超える利率での貸し付けは違法、万が一超過分が発生しても無効にできます。金融会社は利息制限法の範囲で自由に利率を取り決めていいとしているので、消費者は金融会社に提示された金利に従い利息を支払っていくことになるでしょう。

金融会社が年利率を表示するときには実質年利で表すことが義務になっているので、各社の金利を知りたい場合は実質年利から確認できます。金利同様に、キャッシング契約時に返済期日も取り決めます。この期日に従い、元金を返していかなくてはなりません。

もし、この期日を過ぎてしまうと遅延損害金が発生して、利息とは別途に負担が増えるため注意が必要です。また、返し方は一括払いまたはリボ払いから選択できるため、収入と支出を考えて検討しましょう。

便利で頼れるアコムの返済が遅れてしまうときには

手持ちにお金がないときに手軽に借りることが出来て便利なのがアコムのキャッシングです。キャッシングを利用してお金を借りた場合には、決められたルールに従って返済をする必要があります。

ただ、人間である以上は誰もがミスをしたりすることもあり、場合によっては決められた期日までに返済することが出来ないこともあります。この時の対応は業者によってことなりますが、ここでは大手消費者金融であるアコム返済遅延をした場合にどうなるのかについて説明をします。

お金を借りて支払い期日までにお金が振り込まれなかった場合には、遅延損害金というものが発生します。約束を守らなかったことによる業者への損害倍賞という事です。友人などから借りる場合とは異なり、契約をした以上は一日ぐらいは大目に見てもらうという訳にはいかないので注意して下さい。

この遅延損害金の計算は、年率で20%となります。借入残高に遅延損害金年率を掛け、それを365で割ることで一日当たりの損害金の額が求められます。それに喪失日を掛けることで実際の遅延損害金を求めることが出来ます。一日単位で損害金が発生するので、なるべく早く返すようにすることが大切です。

アコム

なお、アコムの場合は払い忘れのないように、3日前と当日にお知らせメールを送ってくれるサービスもあります。忘れっぽい人はこのサービスを活用する事をおすすめします。

低金利で利息に差がつく消費者金融を使う

消費者金融は各社少しづつ特徴が違います。借りる側の状況によってお得に利用できる業者が違ってきますので、よく調べてからカードローンやキャッシングの申込みをするようにしましょう。例えば、30日間無利息期間のあるところなら毎月確実にお給料日の来るサラリーマンやOLにおすすめです。

また、小額しか利用しない方には返済すれば何度でも無利息期間を利用することができる業者がおすすめです。無利息の期間があるのかないのかで支払額は違ってきますので、無利息期間で借り入れできる場合はやはりその業者がおすすめです。

専業主婦や収入が少ない方は、総量規制の適応外の銀行系のところでしか借り入れすることはできません。また、家族や職場に借り入れを知られたくない方は、そのように配慮をしてくれる業者もあります。各社いろいろとおすすめな特徴がありますので、自分にあった業者を見つけましょう。

大手だけでなく中堅の消費者金融もたくさんあります。あまり知られていないところだと不安もありますし、悪徳な業者につかまってしまうこともあるかもしれません。そうならないよう、インターネット等で利用したい業者のクチコミなどの情報を集めてから借り入れの申込みをすることがおすすめです。

無利息ローンは本当に得なのか

最近では消費者金融も期間内に返済出来れば無利息でお金を貸しますよという、無利息ローンが利用出来る所がとても増えています。

無利息ローンが登場した事で、キャッシングを利用するのが初めての人の「利息が勿体無い」という考えを見事打消し、すぐに返済するつもりならばとっても便利な方法だと思わせる事が出来るようになりました。

無利息ローンを利用したいと思う人の殆どは、無利息ローン期間内に返済の充てがある人です。急な出費には困ったけれど、来月には収入があるから返済は出来るといった人が利用するのです。無利息でお金を借りられるのならば、身内や友人に借りるよりも簡単で気兼ねせずに利用出来る嬉しいシステムであるのは間違いありません。

しかし無利息ローンをお得に利用出来るのは、あくまでも期間内に絶対に返済が出来る人だけであり、無利息期間内に返済出来ない可能性が少しでもある人にとっては損をする可能性が非常に高い方法なのです。

無利息期間をすぎてしまった場合は利息をつけての返済になるのですが、無利息期間を設けている消費者金融の場合この金利が通常よりも高い可能性が多く、だったら他の消費者金融や銀行系カードローンを利用した方がよっぽど安かったという事が多いのです。

無利息期間はタダでも、期間を過ぎたら利息が高い事を考えると、何がなんでも無利息期間に返済するつもりでない限りは気軽に利用するのはおススメ出来ないという事です。期間内に返済出来る人には得、返済出来ない可能性のある人には損と考えて利用を決めましょう。